+Viewer

対象製品

  • +Viewer

バージョン番号

  • ・対象バージョン番号   1.0.0.0/1.0.0.1/1.0.1.0/1.2.0.0/1.2.0.1/1.2.0.2
  • ・更新後バージョン番号  1.2.0.3

1.2.0.3での修正項目(2014/02/20)

・選択パレット右クリックメニューのカット・結合に編集対象元ファイル数の境界チェックを追加

1.2.0.2での修正項目(2014/02/04)

・結合を行なう際の編集対象元ファイル数の境界チェックを追加
・カット・結合の編集対象元ファイル数の上限値を変更
・MainConceptコーデックが最優先になるよう優先値を変更

1.2.0.1での修正項目(2013/12/13)

・動画編集後データの音声形式がまれにAAC Mainになってしまう件の改善(Windows8 Xbox Video 再生エラー対応)
 動画編集時の音声をAAC-LCデフォルトにするため、Windowsレジストリ環境設定の追加。

1.2.0.0での修正項目(2013/11/29)

・Windows8/8.1でWindows7と同等に機能が動作するよう変更
 Windows8/8.1での動作には.NET Framework 3.5が必要になります。
・SDカードが書込禁止の状態の場合、サムネイルが表示できなくなる件を改修
・閲覧サムネイルのタイトル表示位置が初期表示で先頭になるよう改善
・動画編集を行なう際の編集対象ファイル数の境界メッセージを追加
・検索一覧の件数が設定の上限値を超える場合に表示されるメッセージを画面遷移時に表示しないよう操作改善

1.0.1.0での修正項目(2013/08/06)

・動画再生の品質向上のためデコーダをMainConceptに変更
 それに伴い、各部品の設定を調整。
・動画編集機能の改善のためVisioForgeをバージョンアップ
 それに伴い、インストーラにMicrosoft VisualC++ 2010 SP1再頒布モジュールを追加。
・IMHデータの表示順を撮影順になるよう改善

1.0.0.1での修正項目(2013/07/09)

・アンインストール時にライセンキークリア選択可能なように改善
・インポートプレビュー画面の不具合改修
・動画再生をLEADTOOLSデコーダ優先にするよう改善

1.0.0.0(2013/06/30)

新規リリース