会社情報

代表挨拶

社名エクシオンとは、
拡張・発展を意味するEX+『四恩』の造語です。
人が生まれてから受ける4つの恩に感謝し生きて行くことが『四恩』の本来の意味ですが、
会社も同じく生まれ存続する為には多くの皆様の支えが必要で、
その支えに感謝し報い成長する会社という意味で命名しました。

我々を支えてくれる「家族や仲間」の恩。
我々の仕事を支えてくれる「お取引先」の恩。
我々を信じて商品を買ってくださる「お客様」の恩。
我々でも商売がやってゆける
世の中を創って頂いた先人や「国家・社会」の恩。

これらの恩を忘れず、報いて成長していく事が我々の理念です。

代表取締役  三浦 泰弘

会社概要

設立 1995年6月
資本金 1,100万円
役員 代表取締役 三浦 泰弘
専務取締役 佐藤 大介(医療事業担当)
常務取締役 菅野 達人(管理担当)
執行役員  アパシブレ・キム・ネルソン(開発担当)
監査役   畑  廣
従業員数 25名(2018年3月現在)

本社所在地

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3丁目3-6星和仙台ビル8階
TEL:022-722-5755 FAX:022-722-5266
※仙台駅より徒歩15分

東京営業所

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目1-19ファーストビル7階A号室
TEL:03-5829-4736 FAX:03-5829-4746
※JR神田駅より徒歩8分

沿革

2018年 内視鏡検診ソフトQCシリーズ開発・販売開始
2016年 内視鏡麻酔記録システム ENDO Monitor Anesthesia開発・販売
2015年 日本消化器内視鏡学会 JEDデータベース設計・構築
2015年 手術室支援(麻酔記録、看護記録)システム設計・開発
2014年 学会データベース設計・開発開始
2013年 手術動画サーバーENDO Theatre、+Viewer発売開始
2012年 手術室AV制御システム設計・開発
2011年 医療クラウドサービス開発開始
2010年 内視鏡連動ファイリングシステム『MMR』発売開始
2008年 東京営業所開設
2006年 内視鏡手術記録システムが宮城県「eブランド支援事業」に認定
2005年 宮城県より「地域中核IT企業」に認定
1995年 株式会社エクシオン設立

主要取引先

  日本消化器内視鏡学会
  オリンパス
  学校法人 仙台育英学園
  富士通
  オリンパスメディカルサイエンス販売
  大興電子通信

PAGE TOP